風つかい

ひとりの 風つかいを知っている。

すそをひらめかす そよ風から、

稲妻きらめかす嵐まで

彼女は自在に風をあやつる。

風は、めぐる季節を告げしらせ、

記憶と予感をはこぶ。

 

わすれたはずの 古い日々、

まだ見ぬはずの 新しい日々。

ふたつの時に吹く風を、

彼女は 今ここに、呼びあつめる。

それぞれの温度と匂いをたもったまま、

風たちは、上昇気流にのった。

渦ができ、しだいに竜巻がまきおこる。

その竜巻の名は  < futatsukukuri > 。

 

futatsukukuri を身にまとうと、

私の奥にひそんでいた風が、呼応する。

内から外へ、あざやかに道を見つけて、吹き渡る。

風にみちびかれ、私は進む。

このからだで、行けるかぎり行こうと思える。

 

風つかいの彼女と出会うまで、

ぜんぜん知らなかった。

洋服に、そんな魔法があるなんて。

織田りねん Linen Orita